Takeuchi Meitarō

Intro Japanese entrepreneur
A.K.A. Takeuchi Meitaro, Takeuchi Meitarou
Was Businessperson Entrepreneur
From Japan
Type Business
Gender male
Birth 20 March 1860
Death 23 March 1928 (aged 68 years)
Star sign Pisces

竹内 明太郎(たけうち めいたろう、安政7年2月28日〈1860年3月20日〉 – 1928年〈昭和3年〉3月23日)は、現在の高知県宿毛市出身の明治・大正期の実業家・衆議院議員。早稲田大学理工学部設立者。竹内綱の長男で吉田茂の兄(異母兄とも)。麻生太郎の大伯父。子は横浜高等工業学校(横浜国立大学の前身の一つ)教授の竹内強一郎、孫は地理学者、一橋大学教授、日本地理学会会長の竹内啓一、曾孫に、TBSテレビの報道局記者・ニュースキャスターである竹内明、企業経営者の竹内在がいる。エッセイストの麻生和子(茂の三女)は姪、学者の吉田健一(茂の長男)は甥に当たる。

来歴・人物

上京して自由民権運動に関わり、自由党に入党して『東京絵入自由新聞』を創刊する。その後、佐賀県の芳谷炭鉱を経営した。 1902年(明治35年)には遊泉寺銅山の開発に着手すると、1917年に遊泉寺銅山の附属施設として小松鉄工所(後の小松製作所)を設立した。 唐津鉄工所の創立者でもあり、日産自動車の前身の快進社等を設立し、さらに早稲田大学理工学部、高知県工業高等学校(現・高知県立高知工業高等学校)などを創設し、工業立国に尽力した。ちなみに国産第1号車のダットサン(DAT)のTは竹内明太郎の頭文字である。 1915年(大正4年)、第12回衆議院議員総選挙に立憲政友会(高知県郡部区)から出馬して当選し、2期務めた。1928年3月25日、肺炎で死去した。享年68。

脚注

^ 『日本全国諸会社役員録. 明治40年』 ^ 石川県のモノづくり産業の歴史と産業遺産、石川県、2019年10月29日閲覧。 ^ 高知県郡部区 第12回衆議院議員選挙 -ザ・選挙-

衆議院全院委員長
衆議院全院委員長
島田三郎 大東義徹 安部井磐根 鈴木重遠 片岡健吉 安東九華 末広重恭 鈴木重遠 谷河尚忠 工藤行幹 長谷場純孝 杉田定一 栗原亮一 長谷場純孝 神鞭知常 菊池九郎 関直彦 石塚重平 野尻邦基 佐竹作太郎 竹越與三郎 戸水寛人 中倉万次郎 菅原傳 川原茂輔 白石直治 大村和吉郎 金子元三郎 肥田景之 山根正次 金沢仁作 若尾璋八 原田十衛 横山寅一郎 天春文衛 竹内明太郎 坪田十郎 富安保太郎 若尾璋八 佐々木平次郎 多木久米次郎 熊谷五右衛門 植場平 増田義一 西村丹治郎 高鳥順作 有馬秀雄 荒川五郎 平山岩彦 鵜沢宇八 広瀬為久 竹内友治郎 伊藤仁太郎 蔵園三四郎 本多貞次郎 藤井啓一 飯塚春太郎 田口文次 熊谷五右衛門 熊谷直太 重松重治 匹田鋭吉 村上紋四郎 出井兵吉 百瀬渡 松方幸次郎 吉川吉郎兵衛 武田徳三郎 四王天延孝 近藤英次郎 青山憲三 一松定吉 牧野賤男 井阪豊光 紫安新九郎 原夫次郎 加藤知正 漢那憲和 信太儀右衛門 大久保留次郎 坂東幸太郎 廃止
島田三郎 大東義徹 安部井磐根 鈴木重遠 片岡健吉 安東九華 末広重恭 鈴木重遠 谷河尚忠 工藤行幹 長谷場純孝 杉田定一 栗原亮一 長谷場純孝 神鞭知常 菊池九郎 関直彦 石塚重平 野尻邦基 佐竹作太郎 竹越與三郎 戸水寛人 中倉万次郎 菅原傳 川原茂輔 白石直治 大村和吉郎 金子元三郎 肥田景之 山根正次 金沢仁作 若尾璋八 原田十衛 横山寅一郎 天春文衛 竹内明太郎 坪田十郎 富安保太郎 若尾璋八 佐々木平次郎 多木久米次郎 熊谷五右衛門 植場平 増田義一 西村丹治郎 高鳥順作 有馬秀雄 荒川五郎 平山岩彦 鵜沢宇八 広瀬為久 竹内友治郎 伊藤仁太郎 蔵園三四郎 本多貞次郎 藤井啓一 飯塚春太郎 田口文次 熊谷五右衛門 熊谷直太 重松重治 匹田鋭吉 村上紋四郎 出井兵吉 百瀬渡 松方幸次郎 吉川吉郎兵衛 武田徳三郎 四王天延孝 近藤英次郎 青山憲三 一松定吉 牧野賤男 井阪豊光 紫安新九郎 原夫次郎 加藤知正 漢那憲和 信太儀右衛門 大久保留次郎 坂東幸太郎 廃止

Read More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *